気になる鼻の黒ずみ

鼻の黒ずみというのは、深刻な悩みですよね。そんな鼻の黒ずみですが、生活習慣が大きく関わっていることを知っていますか?実は、普段の何気ない生活が、鼻の黒ずみの原因を作っています。まずは、どのような生活習慣で鼻の黒ずみが酷くなるのかを把握し、ご自身の生活習慣を見直してみましょう。

鼻の黒ずみが酷くなる!?生活習慣ランキング

no.1

睡眠不足

1位は睡眠不足。睡眠のゴールデンタイムという言葉を聞いたことがありませんか?その名の通り、この22~2時までの時間にゆっくりと寝ることで、美肌が作られます。しかし、この時間に夜更かしなどをしてしまう、短い睡眠を取るとより肌も荒れてしまい、結果的に鼻の黒ずみに繋がってしまいます。そもそも睡眠不足は、体の不調を引き起こす要因になりますよね。実際、肌にも大きな影響が出たと思うという意見も多かったです。なので1位となりました。

no.2

食生活の乱れ

2位が、食生活の乱れ。食事でついつい脂っこい物を食べすぎてしまっていると、その分皮膚から分泌される皮脂の量も多くなってしまいます。また、皮膚の再生能力を高めてくれるビタミン類を全く取り入れていないと、毛穴が詰まってしまい、俗に言ういちご鼻になってしまいます。いきなり揚げ物などを食べた際、鼻も皮脂の量が多くなったと感じる事があるという意見が多数挙がった為、2位になりました。

no.3

ストレス

3位は、ストレス。ストレスによりホルモンのバランスが崩れるとつい肌が荒れてしまうという意見が、睡眠不足、食生活ほどではありませんが見られました。実際、ストレスは男性ホルモンの分泌を活性化させてしまう為、皮脂もより多く出てしまいます。それにより、いちご鼻になってしまうようです。

大きく3つの原因がある

鼻を触る人

鼻の黒ずみは肌がくすんで見えたり、不潔な印象を与えたりするので気になりますよね。鼻の黒ずみの原因は、大きく3つに分けられます。1つ目は毛穴に詰まった角栓が酸化し、黒ずんでしまうからです。また、角栓で毛穴が広げられることにより、影ができて黒っぽく見えてしまいます。正しい洗顔をして角栓が詰まらないようにするようにしましょう。2つ目はメラニンの蓄積です。洗顔の時にゴシゴシして摩擦を与えたり、紫外線を浴びたりすることによってメラニンが蓄積されます。紫外線対策をしっかり行うほか、できるだけ肌に刺激を与えないように、やさしくスキンケアするようにしましょう。3つ目は産毛によるものです。長い毛ではなく、毛穴に埋まるようにして生えており黒ずんで見えてしまいます。脱毛をするのが最適ですが、毛抜きで抜くと肌の炎症やニキビの原因になることもあるため、皮膚科で相談すると良いでしょう。鼻の黒ずみを改善するためには、原因を知ってそれに合った適切な対策をとることが重要になります。

角栓を無理にとらない

鼻

鼻の黒ずみをできるだけ早く治したいと気が焦るかもしれませんが、無理に角栓をとろうとするのは禁物です。爪で押し出したりするとそこから雑菌が入り炎症の原因となります。また、ゴシゴシと擦ったからと言って色素沈着が落ちるわけではないので、洗顔はマイルドに行うようにしましょう。そして、黒ずみを隠すためにファンデーションを厚塗りするのも避けるのが無難です。ファンデーションが毛穴の中に入り込みつまりの原因になるほか、洗顔してもきれいに落ちにくくなります。そして、これらの事に気をつけるだけでなく、バランスの良い食生活を心掛けたり、質の良い睡眠をとるようにしたりすると、早く鼻の黒ずみを改善させることができるでしょう。

広告募集中